So-net無料ブログ作成

佐村河内氏の曲を書いていた新垣隆氏 [音楽]

『佐村河内さんが世間を欺いて曲を発表していることを知りながら、
指示されるがまま、曲を書き続けてた私は、佐村河内さんの「共犯者」です』
「全聾の作曲家」として、あらゆるメディアで称賛されてきた
佐村河内守氏のゴーストライターだった新垣隆氏が、
2月6日、謝罪の記者会見を行いました。

新垣氏は
「彼との関わりの中で作品が生まれたので、共同の作品」と言っています。
2人の関係を、「彼は実質的にはプロデューサー。彼のアイデアを私が実現する。
彼は自分のキャラクターを作り、作品を世に出していった。
彼のイメージを作るために、私は協力したということ」と説明しました。

そして「彼とは基本的に、彼の依頼で、私が譜面を作り、
渡すというやり取りだけの関係を保っていました。
その中で、彼の情熱と私の情熱が、
共感しあえたときはあったと思っています」と答えています。

つまり、客観的には悪い事でも、芸術的な共感の上に行われた
共同作業のようなものであったので、芸術家としての思いが優先した、
ということなのでしょう。

m20140206058_2014020605802.jpg

あくまでも作品は作品としてその創作の背景は別として、
オリンピックでも使われるので、いいのですが、
ここで色々はっきりしてきたので、オリンピックとは切り離して考えたいですね。


佐村河内守 ゴーストライター NHKの失態? [音楽]

人気が出た聴覚障害の作曲家
実は別人が作曲していた!!

耳が聞こえない障害を乗り越えて作曲しているとして、
CDが異例の売り上げとなっている、
佐村河内守さん(50)が、
代表作の交響曲などを別の作曲家に作ってもらっていたことを、
5日未明、弁護士を通じて発表しました。

49d8c30c.jpg

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140205/t10015025061000.html

佐村河内守さんが別人に作曲させていた問題で、
NHKは5日、両耳の聴力を失った作曲家として
大ヒットのきっかけとなった特集番組「NHKスペシャル」に触れ、
「放送当時、本人が作曲していないことに気付くことができませんでした」と釈明しました。
同番組は昨年3月31日、
魂の旋律~音を失った作曲家~と題し、佐村河内さんを紹介していました。

ゴーストライターであるとされる人物は
桐朋学園大講師の新垣隆氏(43)で、
新垣氏は同日午後、報道機関にファクスを送り、
「私は佐村河内守氏のゴーストライターを18年間にわたってやっておりました。
皆様の前でおわび申し上げたい」とするコメントを発表。
6日午後に東京都内で記者会見することを明らかにしています。

ent14020518510015-p3.jpg

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。