So-net無料ブログ作成
検索選択

故 宇津井健さん 亡くなった当日 内縁の妻と入籍 思い出 [芸能]

3月14日に亡くなった宇津井健さん(享年82)が、
それまで内縁関係にあった妻と、
亡くなった当日に入籍していたそうです。

名古屋にある由緒ある大きな斎場で3月17日、
宇津井さんの告別式がしめやかに営まれましたが、
この日、親族の代表として喪主の挨拶をしたのは、
加瀬文恵さん(80才)という女性でした。
加瀬さんは名古屋きっての高級クラブ
なつめのママです。

宇津井さんは2006年4月に
妻・友里恵さん(享年74)を亡くしていましたが、、
友里恵さんの死から1年ほど経ったころ、
宇津井さんは大きな決断を下します。
“内縁の妻”として自分を支え続けてくれる文恵さんと
ハワイ結婚式を挙げました。

亡くなる2週間ほど前、宇津井さんは文恵さんに、
「僕は君に喪主をやってほしい。名古屋で葬式をやりたい。
だから正式に籍を入れてほしい。息子には僕から手紙を書くから。
あなたは商売柄、僕と結婚すると迷惑になるかもしれないけど、
僕は、ぜひ君と結婚したいんだ」と語ったそうです。

そして、宇津井さんが亡くなった3月14日、
長男も納得の上で、
宇津井さんと文恵さんは正式に入籍しました。
亡くなる5時間ほど前、宇津井さんは、
か細くなった弱々しい声で、
「籍も無事に入れて、よかった、よかった…」
といったそうです。
この言葉を最後に、宇津井さんは
眠るように安らかに、この世を去りました。

ハワイではパワースポットを回ったりして
ハネムーンを楽しんだそうです。
「文恵ママは相当嬉しかったんでしょうね。
そのときの写真を仲の良い友人に
縁起の良い写真よと送ってましたから[わーい(嬉しい顔)]
(文恵さんの友人)

宇津井健.jpg
加瀬文恵.jpg

***************************************************

人生とは成功への道のりを楽しむものだと言います。
そして、時間とお金が手に入ったら、いつ死んでもいいように
毎日を精いっぱい生きて、大好きな人と
思い出をたくさん作ることが大切なのです。

晩年ではありますが、宇津井さんと友里恵さんは
まさにこれを実現したと思います。
友里恵さんの胸にはしっかりと思い出が刻み込まれているでしょうね。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140319-00000001-pseven-ent

肺気腫とは? [科学]

慢性呼吸不全をきたす疾患の中で、最も多い疾患。

肺はスポンジのような小さなふくろ(肺胞)が集まってできています。
肺気腫は、このふくろ(肺胞)が破壊され、
スポンジの中に穴があいたような状態になる病気です。

日本人では殆どが喫煙が原因です。

喀痰を伴い慢性気管支炎の状態を伴う場合もあり、
この両者を合わせて、
慢性閉塞性肺疾患(COPD)と呼びます。

この疾患は、
徐々に呼吸困難が強くなって気付くことが多く、
肺が過膨脹になってきて、
息を勢いよく吐きだしにくくなります。
また、喘息様の症状を伴うこともあります。

この病気になると、肺活量は減少しないものの、
最初の1秒間に吐出し量が減少します。
一秒量の肺活量に対する比率(一秒量/肺活量)を
一秒率(いちびょうりつ)といい、
70%以上が正常ですが、
肺気腫では非常に低い率になります。

慢性呼吸不全とは? [科学]

さまざまな病気によって
肺の機能が損なわれると、
空気中の酸素を取り込む能力が低くなり、
血液中の酸素の量が低下します。

また、二酸化炭素が溜まってくる場合もあります。
このように、血液中の酸素量が一定基準より低下した状態を
呼吸不全といいます。
また慢性とは、1ヶ月以上このような状態が
続いていることをいいます。

**********

医学的には、
空気を吸っている状態での動脈血ガス分析の結果によって、
呼吸不全が定義されています。

動脈血酸素分圧(PaO2)は、
若年の健康な人では80~100Torr ですが、
健康でも加齢によってやや低下し、
80Torr くらいまでになることがあります。

動脈血二酸化炭素分圧(PaCO2)は、
正常では35~45Torr です。

Torr は圧力の単位で、トルとかトールとか呼びます。
101,325/760 Pa、つまり約133.322368 Pa

宇津井健さんが慢性呼吸不全で亡くなりました 82歳でした [芸能]

俳優・宇津井健さんが3月14日午後6時5分、
慢性呼吸不全で亡くなりました。
82歳でした。

肺気腫を患い、
入退院を繰り返していたようです。

宇津井さんは俳優養成所出身です。
1931年10月24日、東京の深川に生まれ、
1954年新東宝に入社。
1955年「青春物語」に主演以降、
新人スターとして大活躍しました。

山口百恵さんと共演した
「赤い迷路」「赤い運命」の赤いシリーズなどで、
正統派の2枚目スタートとしての地位を
確固たるものとしました。
1965年から71年にTBS系で放送された「ザ・ガードマン」に主演。
ダンディなスターとして人気を博しました。
2006年2月からは、肺炎を患い入院した藤岡琢也さんに代わり、
TBS系「渡る世間は鬼ばかり」に出演。

ee6ccabe.jpg

なお、故人の意向により、
通夜・告別式は密葬で執り行い、
後日「お別れの会」を開くようです。

※ 慢性呼吸不全 とは? ⇒ http://trendnews-wide.blog.so-net.ne.jp/2014-03-14-1
※ 肺気腫とは? ⇒ http://trendnews-wide.blog.so-net.ne.jp/2014-03-14-2

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。