So-net無料ブログ作成

故 宇津井健さん 亡くなった当日 内縁の妻と入籍 思い出 [芸能]

3月14日に亡くなった宇津井健さん(享年82)が、
それまで内縁関係にあった妻と、
亡くなった当日に入籍していたそうです。

名古屋にある由緒ある大きな斎場で3月17日、
宇津井さんの告別式がしめやかに営まれましたが、
この日、親族の代表として喪主の挨拶をしたのは、
加瀬文恵さん(80才)という女性でした。
加瀬さんは名古屋きっての高級クラブ
なつめのママです。

宇津井さんは2006年4月に
妻・友里恵さん(享年74)を亡くしていましたが、、
友里恵さんの死から1年ほど経ったころ、
宇津井さんは大きな決断を下します。
“内縁の妻”として自分を支え続けてくれる文恵さんと
ハワイで結婚式を挙げました。

亡くなる2週間ほど前、宇津井さんは文恵さんに、
「僕は君に喪主をやってほしい。名古屋で葬式をやりたい。
だから正式に籍を入れてほしい。息子には僕から手紙を書くから。
あなたは商売柄、僕と結婚すると迷惑になるかもしれないけど、
僕は、ぜひ君と結婚したいんだ」と語ったそうです。

そして、宇津井さんが亡くなった3月14日、
長男も納得の上で、
宇津井さんと文恵さんは正式に入籍しました。
亡くなる5時間ほど前、宇津井さんは、
か細くなった弱々しい声で、
「籍も無事に入れて、よかった、よかった…」
といったそうです。
この言葉を最後に、宇津井さんは
眠るように安らかに、この世を去りました。

ハワイではパワースポットを回ったりして
ハネムーンを楽しんだそうです。
「文恵ママは相当嬉しかったんでしょうね。
そのときの写真を仲の良い友人に
縁起の良い写真よと送ってましたから[わーい(嬉しい顔)]
(文恵さんの友人)

宇津井健.jpg
加瀬文恵.jpg

***************************************************

人生とは成功への道のりを楽しむものだと言います。
そして、時間とお金が手に入ったら、いつ死んでもいいように
毎日を精いっぱい生きて、大好きな人と
思い出をたくさん作ることが大切なのです。

晩年ではありますが、宇津井さんと友里恵さんは
まさにこれを実現したと思います。
友里恵さんの胸にはしっかりと思い出が刻み込まれているでしょうね。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140319-00000001-pseven-ent


スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。