So-net無料ブログ作成
検索選択

肺気腫とは? [科学]

慢性呼吸不全をきたす疾患の中で、最も多い疾患。

肺はスポンジのような小さなふくろ(肺胞)が集まってできています。
肺気腫は、このふくろ(肺胞)が破壊され、
スポンジの中に穴があいたような状態になる病気です。

日本人では殆どが喫煙が原因です。

喀痰を伴い慢性気管支炎の状態を伴う場合もあり、
この両者を合わせて、
慢性閉塞性肺疾患(COPD)と呼びます。

この疾患は、
徐々に呼吸困難が強くなって気付くことが多く、
肺が過膨脹になってきて、
息を勢いよく吐きだしにくくなります。
また、喘息様の症状を伴うこともあります。

この病気になると、肺活量は減少しないものの、
最初の1秒間に吐出し量が減少します。
一秒量の肺活量に対する比率(一秒量/肺活量)を
一秒率(いちびょうりつ)といい、
70%以上が正常ですが、
肺気腫では非常に低い率になります。


スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。